医学部に入学するための予備校を選ぶポイント

学力がすでに充分に備わっている生徒の場合は、大手が最適

予備校で授業を受ければ非常に効率が良い : 自分に適した学習が出来るところを選ぶことが大切 : 学力がすでに充分に備わっている生徒の場合は、大手が最適

学力がすでに充分に備わっている生徒の場合は、大手が最適です。
授業の内容をちゃんと理解することが可能で、講師の授業内容から問題を解く方法のヒントを探し当てて、自分の学力でステップアップをすることが可能だからというのが理由になります。
医学部に入学することを目指している学生の中で、成績が上位のおよそ2割から3割ぐらいを占めてる人は大手が適しているタイプに該当する訳です。
その一方で、大手のレベルが高い授業を理解出来ない学生も出てくることになります。
大手で行っている授業は基本的な学力が身につけられていることが前提となっていて応用問題を中心として進められていることが多いためです。
基本的な学力が固まっていないときや、極端に不得意は科目があるときなどは、授業が難し過ぎで、ついていくことが出来ません。
分からない部分があったとしても大勢での授業では、その場で質問をするのが困難なことがあります。
授業が終ってから質問すれば問題ないと考える人もいる知れませんが、基本が分かっていない単元については、自分でも、どこがどのように理解出来ていないのかが曖昧になっていることが多いです。
授業中にすぐに疑問点をはっきりさせることが重要になります。
結果的に授業についていくことが出来ずに、後半は授業がほとんど理解出来ず欠席してしまう場合も少なくありません。
しかし医学部専門の予備校のほとんどは、少人数制となっています。
生徒の人数がもともとの少ないだけではなく入校したときにプレースメントテストなどが行われ生徒1人1人のそれぞれ学力に適したクラスの編成が実施されます。
一般的には10人以下のクラスとなっていて中には、およそ5人から6人ぐらいの非常に少人数のクラスを編成して授業を実施しているところもあります。

医学部予備校最高峰の講師陣|医学部専門予備校 INTEGRA(インテグラ)